40種類もの栄養素

一日の摂取量の目安

「ローヤルゼリー」は大体どれくらい摂取すれば良いのでしょうか?
薬ではないので、1日の目安量・摂取量を決められている訳ではないのですが、日本健康・栄養食品協会のデータとしては500mg~3,000mgが1日の摂取量の目安となっています。
沢山の量を摂取すればするほど健康に効果がある、と言う訳でもありませんので、この目安量の範囲内で摂取していけば大丈夫だと思います。
ローヤルゼリーの効果的な飲み方も参考にご覧ください。

体の大きさや体質によって、実感には個人差がありますので、まずは使ってみて、自分に合った量を見極めつつ、継続して摂取していくことが大切です。
また「ローヤルゼリー」は一気にまとめて摂取するよりも、「長期的に継続して摂取する」方がより効果があります。
「ローヤルゼリー」は薬と言うわけではないので、病気などを治療したりする事が目的ではありません。

そういった場合はまず医師に相談してきちんとした薬を飲む方が効果は確実です。
「ローヤルゼリー」を摂取する場合は劇的な効果を望むのではなく、健康維持を維持する為にじっくりと、焦らず飲み続けることが大切です。
ここで注意しておきたいのは、パッケージなどに「○○○mg配合」と書いてあっても、それだけでは本当の含有量が判断出来ない、という点です。
「ローヤルゼリー」含まれている配合量を確認する上で大切なのは「生の状態での換算量(生ローヤルゼリー換算量)」が何mgになるかどうかが重要です。

配合されている「乾燥ローヤルゼリー」が、もともとはどれだけの量であったのかをきちんと確認することで、はっきりとした配合量を知ることができます。
生ローヤルゼリーは含有量が多いといえますが、 生ローヤルゼリー換算量を参考にして、より多くの量が含まれているものが、より良い商品と言えるでしょう。
配合量がよくわからない商品に関しては、なるべく購入を避けるなどした方が無難かもしれませんね。
ローヤルゼリーを選ぶ時に、どの点に注意して選べば良いかを知っておき、よりよい商品を探して、ローヤルゼリーを摂取しましょう。

こちらに生ローヤルゼリーの正しい飲み方が載っていましたので参考にしてください。

Copyright(c) 2013 継続は力 All Rights Reserved.